一HANA・日HANA

【UTAU】テトさんのイタズラは成功なるか?一言HANASU1~10【HANASU過去作品紹介1】

hitokotoHANASU1

どうも、ごるびーです。

今回は私が過去に制作したHANASU作品の紹介記事になります。

以前はTmBoxやMQubeに投稿していたのですが、現在どちらのサイトも使用できない状態で、これらの作品が閲覧できなくなってしまいました。

過去作と言えど、折角時間をかけて作ったんだからやっぱり聞いてもらいたい……ということで、当ブログで一部公開することにしました。

HANASU作品の一例として、または各UTAU音源がどのような声でHANASUしてくれるのか、といったところで皆さんのHANASU作品作りの参考になれば幸いです。

良ければ是非聞いてやってください!

公開内容について

  • 事情により、公開を中止することもあります。
  • キャラクターはうちの子設定多めです。
  • 解説は妄想強めです。
  • 公開作品の自作発言、素材としての使用等はご遠慮ください。

一言HANASU1

使用音源:重音テト

テト「くふふっいたずらしてやろっと♪」


何やらいたずらを思いついたテトさん。楽しそうに笑っています。

記念すべき(?)一言HANASUの第1作目。トップバッターはテトさんでした。私の作品内では主におふざけ大好きな元気っこ、でも所々で年相応の落ち着いた雰囲気も醸し出す女性として登場することが多いです。全作品を通して出演回数もダントツ1位(多分)の、私のお気に入りのキャラクターです。

一言HANASUとは現在投稿を続けている日常HANASUの前身にあたるものです。HANASUの練習のため、「短くてもいいから毎日HANASUを作って投稿しよう!」と思い立ったのがきっかけで始めました。

後々増えていきますが、この頃はその名の通りセリフが1つしかない作品が多いです。なので今回みたいに解説なしだと何のことだか分からない内容の作品が今後も頻繁に出てきます(汗)。

hitokotoHANASU1イメージイラスト。お砂糖とお塩の入った瓶を持っていますね。

一言HANASU2

使用音源:デフォ子

デフォ子「誰だよ塩と砂糖入れ替えたの!おにぎり甘いよ!」

どうやらテトさんの思いついた「いたずら」とは砂糖と塩を入れ替えることだった模様。古典的ないたずらにもかかわらず、デフォこんは砂糖でおにぎりを作っちゃいました。いたずら大成功ですね。きっと見えないところでテトさんは笑っていることでしょう。

今回登場したのは「唄音ウタ」ことデフォ子ちゃん。私は「デフォこん」の愛称で呼ぶことが多いです。

作中ではクールでちょっと無愛想な性格を意識しています。基本的に面倒くさがりですが、しかしそこはUTAU界の最初期メンバー、いざというときは頼りになる姉御肌のようなところも持ち合わせています(今回のお話ではそういうところは見られませんが)。

一言HANASU3

使用音源:桃音モモ

モモ「もーいつまで寝てるんですか?起きてください!」

なかなか起きれない朝方。「あと5分……」とぐずっているとモモちゃんに叱られちゃいました。これは起きざるを得ませんね。

今回登場したのは桃音モモちゃん。公式では家事手伝いロボという設定がありますが、うちでは手伝いどころか主担当で家事をこなしています。なので今後も家事ネタでは比較的よく出てくるキャラクターです。性格は明るくおしとやか。家事全般をやってくれていることもあって、皆のお母さんのような存在ですね。

一言HANASU4

使用音源:重音テト

テト「月が綺麗?あーそだねー。でも逆に汚い月って見たことないわ」

満月が綺麗な夜。意を決して「月が綺麗ですね」と告白するもなんだかリアル思考な返答をするテトさん。真意に気付いていないのか、気付いている上であえてかわしているのか……。どちらにしても悲しいお話。

今回はテトさん再登場です。今でこそ日常HANASUではたくさんのキャラクターが登場していますが、実は当初そこまで多くの音源を使用する予定はなく、何ならUTAU三人娘を順番に使っていこうかなーくらいに思っていました。それもあってか、今後もUTAU三人娘は頻繁に登場します。

元ネタはもちろん夏目漱石の逸話です。自分の生徒が「I love you.」を「私はあなたを愛しています」と訳したところ、「日本人はそんなこと言わない。『月が綺麗ですね』とでも訳しなさい」と言ったとか。本当かどうか分かりませんが、とてもお洒落な意訳ですね。

夏目漱石と言えば文豪として有名ですが、私は文学作品にほとんど触れない生活を送ってきたため、むしろこの逸話や昔の1000円札の人というイメージの方が強いです……。

一言HANASU6

使用音源:桃音モモ

モモ「キリンさんが好きです。でも象さんの方がもーっと好きです」

今回は某引っ越し業者様のCMで使われていたフレーズのカバーです。少々古いネタですがご存知の方もおられるかもしれませんね。

この回では幼い声の調声に挑戦したかったため、gフラグの値をかなり低めにしています。先程の一言HANASU3と聞き比べてみるとよく分かりますね。

私がHANASU調声でやっているgフラグの使い方についてはこちらの記事でご紹介しています。良ければ参考にしてください。

UTAUParameters
HANASUのパラメータ調声のコツ~HANASUにおける各パラメータの使い方~HANASUの調声において、各ノートのパラメータ(ここでは先行発声やフラグ等、ノートのプロパティで変更できる数値類を指すことにします)調...

一言HANASU7

使用音源:桃音モモ、重音テト、デフォ子

モモ「紅茶にします?コーヒーにします?」
テト「紅茶!砂糖もりもりで!」
デフォ子「私いらなーい」

UTAU三人娘でティータイム。モモちゃんがお茶を入れてくれるということでテトさんは砂糖たっぷりの甘い紅茶をリクエストします。しかしその砂糖は……?

一言HANASUシリーズで初の複数キャラクター登場回。今の日常HANASUと同じスタイルですね。このようにキャラクター同士の掛け合いを演出できるのも、HANASUの魅力の1つです。

今回は一言HANASU2からストーリーが続いています。ということは、何となくこの後のオチが読めてきますね。テトさんが大変なことになりそうです。

因みに今回の話の中で紅茶が出てきましたが、私自身結構紅茶が好きでよく飲んでいます(そのため、今後も紅茶関連のネタが度々出てきます)。特にトワイニングの紅茶をよく買っているのですが、中でもアイリッシュブレックファストがお気に入りです。ダージリンに比べて苦みが少なくすっきりしており、紅茶の苦みが苦手という方でも飲みやすくオススメのリーフです。ご興味のある方は是非お試しください!

一言HANASU8

使用音源:重音テト

予想通り、砂糖と塩を入れ替えたままだったので出てきたのは塩入り紅茶でした。まさに因果応報といった感じでしょうか。この紅茶を飲むのは大変そうです。

ベタな展開というか、予想通りのオチになりました。テトさんのいたずら編はこの話で一旦終了になります。

テトさんは叫び音源のおかげで今回のような怒気のある、強めの発声が非常に得意です。そういうセリフのHANASUをやる際は非常にオススメの音源ですね。

そしてさすがに塩入り紅茶は試したことはありませんが、少し入れるくらいなら塩気が良いアクセントになって意外と美味しいかも?とちょっと思ったりもします。

一言HANASU9

使用音源:桃音モモ

モモ「牛乳と柿の種って意外と合うんですよ。是非試してみてくださいね」

お菓子大好きモモちゃんの食べ合わせ豆知識。意外な組み合わせが生み出すハーモニーをご賞味あれ。

再びセリフ一言だけのスタイルに戻りました。モモちゃんは「糖分がエネルギー源」という公式設定があるのですが、うちでは今回みたいに食べ物関係でモモちゃんを使うことはあまりなかったりします。

そしてモモちゃんの言う通り、牛乳と柿の種って意外と合います。柿の種の塩気により牛乳の甘さが際立ち、なかなか美味しいです。初めて試した時は「すごい組み合わせを見つけてしまった!」と感動したものですが、ネットで検索してみると結構他の人も見つけていたみたいでちょっとがっかりしたのを覚えています。まあそう簡単に世紀の大発見とはいかないものですよね。

一言HANASU10

使用音源:デフォ子

デフォ子「念願のゆめぴりかを手に入れたぞ!」

北海道産の美味しいお米「ゆめぴりか」をゲットしたデフォ子。お米大好きデフォこん大歓喜です。

一言HANASU9に引き続きまた食べ物ネタです。デフォ子のお米が好物という設定は一言HANASU(及び日常HANASU)でも十二分に活用させてもらっています。

そして今回出てきたゆめぴりかですが、私も大好きなブランド米です。ちょうどこのHANASUを作った頃に初めてゆめぴりかを購入し、その美味しさにハマってしまいました。

他のブランド米と比べると少々価格が高めなのが玉に瑕ですが、それに見合った味を持つ素晴らしいお米ですね。

最後に

今回は一言HANASU1~10をご紹介しました。

改めて聞いてみると、初公開が2016年ということもあり今の自分とはかなり違う調声になっていますね。ほとんど他人の作品を聞いているような感覚でした。

また、自分の過去作を聞くのはなかなか気恥ずかしいところもありますが、当時の創作に対する想いを改めて思い返すことも出来ました。やっぱりHANASU作品を作るのは楽しいですね。

何もハイクオリティな大作を作る必要はありません。もちろん作れた方が楽しいとは思いますが、今回ご紹介したような短いHANASU作品でも創作の楽しさは十分味わえます。皆さんも変に気負ったりせず、是非思い思いのHANASU作品を作って創作活動を楽しんでくださいね!

hitokotoHANASU16
【UTAU】デフォ子は今日は頑張らない?一言HANASU11~20【HANASU過去作品紹介2】どうも、ごるびーです。 前回に引き続き、私のHANASU過去作品公開記事第2回目です。 第1回目はこちら。公開内容についての...

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。